ちいさい人とわたしと。

心理カウンセラーで有機農家で1児の母・容子が綴る日々のこと https://yoko hashimoto.com

毛布にくるまるむすこの、心をほどいた言葉。

 

f:id:hashimotoyoko:20200515074557j:plain


 

むすこと一緒にポケモンカードゲームをやるのが日課です。

 

ルールを覚えたら案外おもしろく、わたしも楽しんでおります。

 

f:id:hashimotoyoko:20200603041718j:plain

ただひとつ問題が・・・

 

わたしが良い手を打ったり優勢になると、むすこが怒るんです!

 

負けてあげればいいって?

 

それじゃあ、わたしが楽しくありません!

本気でやってこそ、楽しいのです!

 

だから、最後にはケンカ別れ・・・なんてこともしばしば。

 

 

昨日、半日登校で帰ってきたむすこと、午後、ポケカをやりました。

わたしが手を打ったとき、反発するむすこ。

 

「そうじゃないよ!そんなことはできないんだよ!」

 

あ~またいつものやつか・・と思いつつ言い返すわたし。

 

「だってさっき〇〇もやってたじゃん!」

「え?!違うよ、さっきのは~~で・・・」

「いや違うでしょ~・・・」

 

押し問答の末、むすこは黙ってその場から離れ、毛布にくるまりました。

いやなことがあったとき、いつもその毛布にくるまるのです。

 

う~ん。。。困ったな。

 

このあと、草むしりに行こうと思ってるんだけどな。

このまま行っちゃう?

 

むすこに言ったら「だめ」と言われました。

 

さて、どうする?

 

「ママ、ぼくのはなし・・・聞いてくれない。」

 

毛布のなかから絞り出すようにつぶやくむすこの言葉に、

アレ、わたしが悪いのかな、

とちょっと思いました。

 

ここでちょっと、むすこの立場になって考えてみて・・・。

 

「〇〇は、ママが話聞かなくて怒ってるのかあ。」

 

と、言いました。

 

すると、

 

「・・・そうだよ。」

 

といいつつ、毛布を開けてわたしを見るむすこ。

まだほっぺたを膨らませているけど、表情は少しやわらいでいます。

 

普段、毛布にくるまって何十分、ということが多いのに、異例の速さで顔を出したではありませんか!

 

わたしはこれまでにない手応えを感じ、

「たしかに、ママは話きいてなかったよね。ごめん」

と素直な気持ちを伝えました。

 

すると、毛布から出てきたむすこ!

そして、お互いにルールの再確認をし、とりあえず今回は彼の主張を聞き入れることにしました。

 

そのあとは楽しくゲームのつづきをやり、草むしりも手伝ってくれました。

 

わたしのなかに「むすこはゲームで負けそうになると怒る」という先入観があって、だから彼の話をさえぎってしまったんだな、と気づきました。

 

いつもフラットでいるということは難しいけれど、大切なこと。

そして、相手の立場にたってみることも、難しいけれど役に立つ。

またひとつ、学ぶことができました。

むすこと一緒に、わたしも成長中!

 

読んでくださり嬉しいです。

ありがとうございました。

 

心理カウンセラー/育児コンシェルジュ/有機農家 橋本 容子

☆オンラインセッションはじめました。詳細・お申込みはこちら こころのカウンセリング

☆インスタグラム @yoko_communication

フェイスブック @yoko.communication

f:id:hashimotoyoko:20200603041554j:plain

 

 

 

 

 

 

あったかい関係づくり

f:id:hashimotoyoko:20200528094951j:plain

ついつい言い過ぎてしまった、きつい言葉をかけてしまったな・・・

 

と、あとから反省することって、ありませんか?

 

わたしはよくあります。

特に、むすこの小学校が休校で、一緒にいる時間が長い今。

 

最近、SNSで人を責める、あるいは自粛警察などが話題になっています。

 

人を責めるのは、どうしてなのでしょう?

 

わたしは、

 

「自分が責められてきたから」

 

ではないかと思っています。

 

親に、教師に、周囲の大人に、ともだちに。

 

言いつけを守らなかったとき、命令に背いたとき、意見が合わないとき。

 

わたしたちは多少なりとも責めることばを浴びて大人になってきたのではないか。

 

そして、その責めた人も、責められてきた人なのです。

 

受けたことばは、コミュニケーションのテンプレートとして自分のなかに内蔵され、自分でも知らず知らずに、その型を使って他人とコミュニケートしているように思います。

 

責められれば、相手を責めたくなります。

そうして、攻撃の連鎖が生まれるのです。

 

逆に、人を責めないでいると、相手も穏やかになり、不思議なくらい人間関係がまろやかであたたかいものとなります。

こどもに対しても同じです。

 

わたしは今、アメリカの臨床心理学者 トマス・ゴードン博士が創始したコミュニケーション・プログラム「親業」を学んでいます。親業訓練協会

 

そこで、相手を責めることなく自分の思いを伝える話法や、対立の解消法などをロールプレイを交えて学んでいます。

 

自分の経験だけでは知りえなかった、世の中には様々なコミュニケーション方法があることを知り、生活が快適になってきたのを実感しています。

 

これは、義務教育に加えたほうがいいと思うくらいに有効な学びでした。

 

わたしもいつか、この親業を人に伝えられるようになりたいな・・・

 

そう思いつつ、いまは学んだことを実践、トライ&エラーの日々を、過ごしています。

 

心理カウンセラー/インナーチャイルドセラピスト/有機農家 橋本 容子

☆オンラインセッションはじめました。詳細・お申込みはこちら こころのカウンセリング

☆インスタグラム @yoko_communication

フェイスブック @yoko.communication

 

f:id:hashimotoyoko:20200528095103j:plain

 

いきものいっぱいの畑

f:id:hashimotoyoko:20200517164639j:plain

思えばだいぶご無沙汰だった。

 

こどもの頃は、校庭で公園で下校途中の田んぼで、よく土をいじり、生き物がいたらつかまえた。

 

大きくなると、土に興味をなくし、生き物を見る機会も減った。

 

おとなになり、こどもを産み、人生の折り返し地点に来て、また土を触ることになろうとは。

 

そして、土を触るとわらわらと、みみずやらなんかの幼虫、派手な虫、ピカピカした虫、極小の虫、名前を知らないたっくさんの種類の小さな生き物たちが出てくると、こんなに愉快だとは!

 

彼らはいた。

わたしの足元にずっといたのだ。

ただ、わたしが見てなかっただけ。

 

彼らと再会できたことがとても嬉しい。

 

我が家の農園は無農薬だし大きな機械は入れないので、生き物がたっくさんいる。

微生物や昆虫、みみずなどと共存して、野菜を育てている。

彼らのフンなどが野菜の栄養となるし、彼らが通ることで土はフカフカになり、野菜が根を張り育ちやすい。

野菜が食われて穴だらけ・・・ということもあるけれど、多様な生物を守りつつ、彼らにもお世話になっている、この畑が好きだ。

 

目をキラキラさせて生き物をさがす、自分の原点に帰れる場所ともなっている。

 

心理カウンセラー/インナーチャイルドセラピスト/有機農家 橋本 容子

☆オンラインセッションはじめました。詳細・お申込みはこちら こころのカウンセリング

☆インスタグラム @yoko_communication

フェイスブック @yoko.communication

 

f:id:hashimotoyoko:20200517164229j:plain

 

 

 

カッコ悪い自分でも。

若い頃、「フィッシュマンズ」というバンドが好きでした。

ぽあ~っと夜空に浮かんでいるような、無重力感が心地いい。

いまでもたま~に聴いています。

 

フィッシュマンズの「幸せ者」という曲にこんな一節があります。

 

"この世の不幸は 全ての不安

この世の不幸は 感情操作とウソ笑いで

別に何でもいいのさ

みんなが夢中になって 暮らしていれば

別に何でもいいのさ”

 

ほんとにそうだな~、とつくづく共感します。

 

これまでのわたしは、はたから見れば「がんばり屋さん」。

前向き、行動的、真面目。

辛くとも苦しくとも、がんばらなくちゃ!

と自分を鼓舞していました。

おそろしいことに、それを無意識にやっていて、自覚がなかった。

 

まさに「感情操作とウソ笑い」。

 

だから、人に愚痴を言ったり本音を伝えることは苦手で、我慢するか、爆発するかの両極端。

 

人といると気を遣うので、独りになりたいと思ってました。

 

心理とコミュニケーションを学ぶようになって、自分の思考癖と嘘に気づきました。

そして、やっと自覚して、ペースダウン。

「ふつうでいい」

と自分に言えるようになりましたし、自然体で人と付き合えるようになってきました。

 

今でも、力が入って作り笑いになっていることがあります。

だけど、それに気づいているのが今までと違うところ。

 

ああ、わたし今、顔引きつってる。

相手に気に入ってもらいたいんだな。

とか、

相手は忙しいんじゃないかな?ここに居ていいのかな?と心配でカラ元気出してる。

とか。

 

セッションのお客さまから、

「ありのままの自分でいたい」

「自分を好きになりたい」

という言葉をよくききます。

 

それにはまず、「ありのままを知る」こと。

自分のこころを観察することが大事です。

 

みじめな、情けない、弱い自分をありのままに見つめる。

 

そんなの普通じゃない?

いつもやってる。

 

と思う方もいれば、

 

難しい〜

 

という方もいるでしょう。

 

わたしは後者。

カッコ悪い自分は見ないようにしてきました。

 

だけど。

 

カッコ悪い自分でも、見る。

 

そうすると、自分が可愛くなってくる。

ありのままを受け入れられるようになってくる。

楽になってくる、と実感しています。

 

あるいはそこから葛藤が生まれ、自分を見つめ直すきっかけになるかもしれません。

 

いずれにしても、きっと自分は、自分に発見してもらいたがってる。

そう思います。

 

心理カウンセラー/インナーチャイルドセラピスト/有機農家 橋本 容子

☆オンラインセッションはじめました。詳細・お申込みはこちら こころのカウンセリング

☆インスタグラム @yoko_communication

フェイスブック @yoko.communication

 

f:id:hashimotoyoko:20200515074557j:plain

 

 

 

 

じぶんを救う、環境改善。

f:id:hashimotoyoko:20200514071847j:plain

休校が続くなか、自分のストレスがたまってきているのを感じます。

 

自分の活動に制約があることへのストレス。

家族が思うとおりに動いてくれないことへのストレス。

 

わたしは誰なのか、何がしたいのかさえも見失う瞬間があります。

いらいらしています。

 

これはよくないな~と思い、自分の心をチェックして、ニーズをつかもうと思いました。

 

「ひとりの時間がほしい」

「仕事したい」

 

わたしにとって切実な願いです。

 

さて、どうしたものか・・・

 

 

今まで自分の部屋は持っていなくて、仕事も休憩も台所でした。

そこで、2階の使っていない部屋を整理して、仕事部屋を作ることに。

 

雑多に置いてある物をどかし、水拭きし、掃除機をかけ。

テーブルとイス、本棚だけのわたしの部屋が数日で整いました。

自分の部屋!結婚してから自分の部屋を持つのは初めてのこと・・・

 

使い始めて、事務仕事しているときにむすこから声を掛けられることが減りました。

わたしが目の前にいたら話しかけたくなってしまうけど、いなければ、「ああ、ママは仕事だな」と思い尊重してくれているのでしょう。

 

家族の動きやテレビの音を気にすることなく、静かな環境で事務仕事ができ、とても満足しています。

 

満足できると、自然とほがらかでいられるというもの。

 

自分のニーズをつかんで、アイデアをだして、行動する。

この3ステップが本当に大事だなと実感した出来事でした。

 

そして、自分を助けるための行動が、結果的には周りのためにもなる。

何しろ、夫やむすこはイライラしたわたしを相手にしなくて済むのですから!

 

お互いハッピーでエコロジーですね!

 

心理カウンセラー/インナーチャイルドセラピスト/有機農家 橋本 容子

☆個別セッションいたします

☆対面・オンライン・電話にて

☆詳細・お申込みはこちら こころのカウンセリング

☆インスタグラム @yoko_communication

フェイスブック @yoko.communication

 

 

 

 

 

カウンセラーになり1年め、今のきもち。

心理カウンセラーをはじめて1年が経ちました。

それまでは公務員で10年間。

産休を機に生き方をじっくり考えるようになり。

 

最初は、

「疲れたひとがリフレッシュできる、サードプレイスとしてのカフェ」 

をつくりたいと思っていました。

(そのとき最初に買った本が「傾聴の基本」という本。カウンセリングの本です)

 

そして、公務員を辞め実際にカフェやパン屋でパートしてみるも、

「なんか、思ってたんとちがう・・・」

となり。

 

ああ、わたし、本当はカウンセラーをやってみたいんだな、

と気づきました。

 

しかし、カウンセラーといえば、

「心理学系の大学院を修了してなるもの」

 と思っていました。

 

育児中のいま大学院で学ぶのは、かなりハードルが高い!

 

だけど、興味ある・・・すごい興味ある。

 

そこで、大学院に行かなくても取れる民間のカウンセラー資格に的を絞り、

「米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー®」

の資格を取りました。

 

そして、開業。

 

やってみて、 

まだまだ学びつづけなければならない・・・ 

と課題を感じています。

 

そうして、充実感も。

 

カウンセリングに来てくれた人が、その後活躍している姿を見たとき、

自分を助けるために勇気をだして行動したという報告を受けたとき、

がんばっているのはその人なんだけど、

わたしも少しだけ、その人の人生にプラスの働きができたかな?

と思えて、

良かった!!やったね!!

と思うんです。

 

「ひとの幸せをお手伝いするのがなりわい。」

 

そういえるために、ますます学びつづけたい。

 

心理カウンセラー/育児コンシェルジュ/有機農家 橋本容子

 

☆オンライン・電話カウンセリングやってます☆
子育て・家族や恋人との関係・職場の人間関係・心の問題に悩んでいる方へ。

愛をもって耳を傾け、あなたと一緒に考えます。

料金 3,000円
時間 40分
方法 zoomなどビデオ通話又は電話など、あなたが可能な方法で
申込み HPの申込フォーム・SNSのメッセージまたはメール 84moto453@gmail.comにてお気軽にどうぞ。

 

HP 

yokohashimoto.com

インスタグラム

@yoko_communicationFacebook

www.facebook.com

f:id:hashimotoyoko:20190616101711j:plain

 

 

自分を知ることからはじまる。

f:id:hashimotoyoko:20190711101235j:plain

連日のタケノコ加工品作りと子育て、家事で、つかれがたまってきた、きのう。

子育てがつらいのは、休みたいときに休めないこと。

なにしろ生活と一体化していますから。

 

は~、つかれた・・・

 

という状態のときに、元気全開のむすこがじゃれてくる、大声をだす、

それが続くとグッタリしてきますよ。

 

 

・・・いつ休めばいいのか?

 

 

夫にいまの状況を伝えたら、

 

あしたはいちにち、ゆっくりしたら?

 

と言ってくれました。

 

タケノコはやすみ。

むすこを連れ出してくれ、いま、ひとりの静かな時間を過ごしています。

 

 

どんなに忙しくてストレスフルでも、自分を守ることを忘れない。

 

「相手も忙しそうだから・・・」

 

という遠慮はしない!

 

ストレスが度合を増すごとに、抜け出すことも難しくなっていく気がするから。

ほっとくとピリピリ嫌な空気をかもしだすし、新しい発想も湧かなくなってくる。

頭に石が乗っているみたいになる。

一番困るのは家族だから、先手を打ってはやめはやめのSOSをだすのが、互いにとってエコロジー

 

 

わたしはもともと、大きな音が苦手です。

車の走行音が遠くから地鳴りのように聞こえると落ち着かなくて、静かな場所を求めて、ときがわ町のいまの住まいにたどり着きました。

だから、むすこの元気な声を聞いていると、だんだんつかれてしまう。

大きなくしゃみの音も苦手。

 

「わたしは音に敏感なの~~~」

 

と家族にカミングアウトしてから、だいぶ楽になりました。

 

ああ、またぐったりしている。

ちょっと静かにしてあげようか、

と配慮してもらえるようになったから。

 

こどもの声やくしゃみの音ぐらいでそんな・・・

 

と自分の感覚にフタをして、我慢していた以前のわたし。

 

 

だけど。

 

 

NLPインナーチャイルド理論、親業などいろんな心理学に親しんできたなかで、みな共通していっているのが、

 

「自分を知る」

 

ことの大切さだ。

 

そう、案外自分のこと見て見ぬふりしていることが多かった。

 

自分を知らなければ、助ける術もわからない。

なにしろ苦しい理由が自分にはわからないのだから。

 

 

自分を知るって大事です。

 

 

とはいうものの、どうやったらわかるのか?

 

いろんな方法がありますね。

カウンセリングもそのひとつ。

 

自分でできて、たのしくておすすめなのが、

 

「なんの制約もなかったら、なにをしたい?」

 

と自分に問いかけてみること。

 

お金も生活も仕事も、しがらみが何にもないなら、何がしたいか?

 

・・・

 

わたしは、世界中を旅する、です。

知らない街を探索するのが大好きなんです!

独身時代はあちこち行きましたが、結婚してから行かなくなった。

だけどほんとうは、今でも行きたいんです。

 

それがいまは実現不可能なことであってもいい。

ただ、自分だけは自分を知っていると、

 

「自分ってこういう人間」

 

という軸をもっていられます。

 

いくつになっても、好奇心旺盛な、女の子みたいな自分であること。

そんな自分が好きです。

 

自分の本音、聞いてみませんか?

あなたは、なんの制約もなかったら、なにがしたいですか?

 

心理カウンセラー/育児コンシェルジュ/有機農家 橋本容子

 

☆オンライン・電話カウンセリングやってます☆
子育て・家族や恋人との関係・職場の人間関係・心の問題に悩んでいる方へ。

愛をもって耳を傾け、あなたと一緒に考えます。

料金 3,000円
時間 40分
方法 zoomなどビデオ通話又は電話など、あなたが可能な方法で
申込み HPの申込フォーム・SNSのメッセージまたはメール 84moto453@gmail.comにてお気軽にどうぞ。

 

HP 

yokohashimoto.com

インスタグラム

@yoko_communicationFacebook

www.facebook.com