ちいさい人とわたしと。

心理カウンセラーで有機農家で1児の母・容子が綴る日々のこと https://yoko hashimoto.com

じぶんを救う、環境改善。

f:id:hashimotoyoko:20200514071847j:plain

休校が続くなか、自分のストレスがたまってきているのを感じます。

 

自分の活動に制約があることへのストレス。

家族が思うとおりに動いてくれないことへのストレス。

 

わたしは誰なのか、何がしたいのかさえも見失う瞬間があります。

いらいらしています。

 

これはよくないな~と思い、自分の心をチェックして、ニーズをつかもうと思いました。

 

「ひとりの時間がほしい」

「仕事したい」

 

わたしにとって切実な願いです。

 

さて、どうしたものか・・・

 

 

今まで自分の部屋は持っていなくて、仕事も休憩も台所でした。

そこで、2階の使っていない部屋を整理して、仕事部屋を作ることに。

 

雑多に置いてある物をどかし、水拭きし、掃除機をかけ。

テーブルとイス、本棚だけのわたしの部屋が数日で整いました。

自分の部屋!結婚してから自分の部屋を持つのは初めてのこと・・・

 

使い始めて、事務仕事しているときにむすこから声を掛けられることが減りました。

わたしが目の前にいたら話しかけたくなってしまうけど、いなければ、「ああ、ママは仕事だな」と思い尊重してくれているのでしょう。

 

家族の動きやテレビの音を気にすることなく、静かな環境で事務仕事ができ、とても満足しています。

 

満足できると、自然とほがらかでいられるというもの。

 

自分のニーズをつかんで、アイデアをだして、行動する。

この3ステップが本当に大事だなと実感した出来事でした。

 

そして、自分を助けるための行動が、結果的には周りのためにもなる。

何しろ、夫やむすこはイライラしたわたしを相手にしなくて済むのですから!

 

お互いハッピーでエコロジーですね!

 

心理カウンセラー/インナーチャイルドセラピスト/有機農家 橋本 容子

☆個別セッションいたします

☆対面・オンライン・電話にて

☆詳細・お申込みはこちら こころのカウンセリング

☆インスタグラム @yoko_communication

フェイスブック @yoko.communication